新車は運転に気を使う

傷一つない新車は所有欲を満たすことができ、状態も申し分ありませんが、その分だけ運転に気を使うことにもなりがちです。もちろん、新車、中古車問わず運転というのは最新の注意を払って行わなければならないものです。しかし、ぶつけてはならない傷つけてはならないという意識が強く働くと、神経を余計に疲弊させることになりますし、結果として逆に些細な事故を起こしてしまうきっかけになってしまうこともあります。新車を大事にしようと言う気持ちがいい方向に出れば良いのですが、プレッシャーになることもあるだけに、傷を気にしなければ行けないというのはデメリットにもなるのです。それに対して中古車であれば、そこまで気を使う必要がなくいい意味で楽な気持ちで運転ができます。

中古車は多少の傷を気にしなくて済む

中古車というのは、すでに使用をされた車だけにどれだけ状態が良くても、多少の傷があるものです。それ自体はメリットになりませんが、もともと使用感があったのであれば、こすってしまったり軽くぶつけてしまった程度の傷であれば、精神的なショックも小さくて済みます。ぶつけて知ったときの精神的なショックが少なければ、気持ちにゆとりを持って運転をすることができますから、それが事故の確率を下げることに繋がるというわけです。金銭面から考えても、高額な新車を傷つけてしまうと大きなダメージになってしまいますが、元の値段が安い中古車ならそこまでの負担がありません。このように中古車は元の状態がある程度新車よりも劣ることで、割り切って使えるという利点があります。